支払い例のトリック

「家賃並みの支払い」「家賃と比較してください」など魅力的にみえる不動産広告のキャッチコピー。しかしながら、支払い例の下に細かく記載されている注釈にも注目してほしい。そこには、ボーナス月には○○万円の支払いが別途必要なことが記載されてあったり、支払い例を計算した金利の適用には厳しい制限があったり、自分の年齢では年数制限によりその支払い例を算出したローン年数を組むことができないという事があったり、様々な落とし穴が隠れているのである。ここは住宅検討の知識がない場合、なかなか判断が難しい部分であるが、興味のある人は一度住宅ローンを取り扱っている銀行などのサイトで、シュミレーションをしてみることをお勧めしたい。ローンに関しては人によって様々状況が変わる為、個々でシュミレーションすることで、自分のローンの枠や返済イメージをとらえることができるのだ。

カルシウムについてのWebサイト
効果や効能、食品情報などについて

こちらのサイトでは、健康になるための成分などを紹介しています。

 

ページの先頭へ