高級感のある物件の広告

価格が比較的高額な物件には、設備や間取り共用部のプランに至るまですべてにおいて必要最低限に加えて、様々な付加価値が加えられている。例えば、リビングの広さは通常のマンションの総面積、床は大理石張りでリビングは前面ガラス張りなどのような物件の広告展開は通常のものとは異なる思考、ふさわしいクオリティを求められる傾向にある。実際には不動産を購入するのであって、広告やパンフレットを購入するのではないのだが本屋でみかける写真集や高級宝石店のかタログ冊子のような誂えの資料を揃え、広報活動も一般的な折り込み広告の手法のような広くあまねく知らしめる方法とは違い、高級品を扱う雑誌に掲載したり、限定的な顧客を持つ業種の(例えばクレジットカードの顧客など)ダイレクトメールに封入したり、特別感を漂わせる演出を大事に行う場合が多い。また、住宅雑誌のなかには高級物件に限定した物件広告を掲載したものも発売されている。このような物件は不動産を購入するという行為を超えたところにこそ顧客の満足度があるようだ。

住友不動産販売の
一戸建て詳細はこちら

亜鉛の情報サイトはこれ

 

ページの先頭へ