大規模物件の広告

大規模物件の魅力は、なんといっても敷地内にプランされた中庭や公園、集会室やトレーニング施設、中には病院や託児所やカフェまで整った充実の共用部分である。大規模な物件の場合、共用部分についての一戸あたりの金額負担が薄まり、利用者も多くなることから、コミュニティを彩る様々な施設を計画することができる。広告においても、このような施設のメリットが大々的にうたわれ、他社物件との差別化をしてアピールが行われる。注意すべきは、そこに魅力を感じてマンションの購入を決めても、実際に施設の運用がうまくいくように考えられているか検討段階で注意する必要がある。というのも、共用施設を計画しスタートさせるのは販売側、つまり売主側であるが、実施に入居がスタートし、運用をさせていくのはマンションの所有者である入居者全員であるためだ。ここが通常のスポーツクラブなどで会員となり、いち利用者として施設を使用することと大きく異なるのである。気に入って入居した灰鋳物の、使われず運用がうまくいかないため閉鎖、という事態にならないように慎重に検討するべきである。

このサイトでルテインを体のために生かす

 

ページの先頭へ