本来は最中目すべき概要

チラシ広告などの裏面に一番小さな文字で、羅列してある記載事項、文字の塊のような部分に注目したことがある人はどのくらいいるのだろうか。おそらく、多くの物件を見比べている人でない限り、目に入ってくるのは表面のイメージ写真や完成予想図、どこに建築されるかの地図と交通の利便性の案内、支払い金額など大きくアピールされている部分であろう。しかしながら、この小さな文字の概要部分にこそ物件のイメージを膨らますことのできるヒントがたくさんかくれている。例えば総個数、完成予想図でみると大きな規模のイメージを思わせるものだったが、概要をみると意外に戸数は少なくゆとりを持った設計がなされた物件であるとか、一見高級そうなイメージではあるのだが、実は手の届く金額のお部屋も用意されていて自分の予算内であったとか、また完成時期がかなり先で転勤になる可能性も視野に入れて検討しなくてはいけない物件だったとか。様々な条件があるために、一概にイメージだけでとらえることができないのが不動産広告なのである。

ヒアルロン酸について知りたい方はこれをチェック
ヒアルロン酸の情報サイトです

健康のために必要なDHA EPAの情報サイト

乳酸菌の効果や効能について

 

ページの先頭へ