住宅情報誌の特徴

書店やコンビニエンスストアに並ぶ住宅情報誌の数々。手にとってみたことはあるだろうか。情報誌とはいえども通常の情報雑誌とは異なり、その多くは広告媒体としての位置づけである。広告を出したい企業が、広告として情報媒体にお金を支払って掲載を依頼しているというものだ。情報誌もまた、インターネット広告と同様で、大半の場合は不動産の購入に少しでも関心のある人が見るものであり、広告主であるマンションの販売側は、情報誌を手に取る層の関心度の高さに期待して広告を掲載するのである。情報誌が他の媒体と比較して優れていると言えるのは、情報の客観性があるという面だ。客観性とはいえ、広告ではあるので広告主の意図に基づいた情報ではあるのだが、体裁の整った誌面に、ある程度画一化された情報が並んでいる点は大きな特徴といえるだろう。広告主自らが、好きなようにイメージ作りをし、物件の利点のみを大きくうたうチラシ広告やインターネットのホームページとは違い、多数の情報が一定のフォーマットで並んでいることで、情報の出し手の意図の強さ弱さに惑わされることなく冷静に物件の要素を比較しやすいということだ。また、様々な記事も掲載されていることが多く、物件情報を得る為だけでなく、不動産購入の知識を深めるという点でも活用できるものである。

このサイトならビタミンの成分情報などを知る事ができます。

 

ページの先頭へ