インターネット広告の特徴

インターネットで不動産広告を見るとき、あなたはどのようなルートで物件情報にたどりつくだろうか。物件情報の集まったサイト、いわゆるポータルサイトでの経緯としては、まずは新築なのか中古なのか、戸建てなのかマンションなのか選んで、次に条件検索をしてゆく。エリアや金額、広さや向きなど様々な条件で物件を絞り込むのではないか。また、何かの媒体から得た情報から、興味が湧いた物件の名称を検索サイトで入力し、物件情報ページや物件ホームページにたどり着くという方法もあるかもしれない。このような物件情報への到達経緯をみると、折込広告や新聞広告と大きく違う点がみえてくる。インターネットでの情報検索の場合、受動的に情報を受けるというよりは能動的に取りに行くというスタンスがみえてくる。ある程度、不動産の購入について条件が定まっており、その中で自らが選択した物件の情報だけを確認するというスタイルだ。なかにはバナー広告や、メールマガジンなどでクリックした物件サイトにたどりつくというケースもあるかもしれないが、あくまでクリックという1行動を取っているという点で、チラシ・新聞で選択なく受け取るというスタンスとは全く異なるのである。検索性という面でもインターネットは優れている。検討段階では定まっていない様々な条件を検索しながら具体的にさだめてゆくために、インターネットは大いに活用できる媒体だ。

またインターネット広告は、物件情報の表示方法も多岐にわたり、紙媒体では再現できない物件の魅力を販売する側は発信することができ、検討者はそれを受け取ることができる。スペースに制限がないので間取りや価格表も全タイプの表示が可能であるし、物件のコンセプトを伝えるイメージ画像・映像や、最近では動画を使ったモデルルーム紹介などもあり、わざわざ足を運ばなくても物件情報の大半が自宅で入手可能なのである。しかしながら、得られた情報を鵜呑みにしてしまうことも危険だ。不動産は一部屋一部屋が唯一ともいえる商品である。実際同じマンションでも向きや階数、周辺の環境や隣接する道路の様子など、建設地でしか感じられない情報も多い。時間帯によっても物件のイメージは大幅に変わってしまうのである。鮮やかな画面で、多くの情報をインターネット広告から得ることができたとしても、やはり実際に体感することは不動産の購入については大事な要素である。

 

ページの先頭へ